白髪は自分で染めて節約

私は、二人目の子どもを出産した後、急に白髪が増えました。30代になったばかりのころです。つむじの辺りに多かったので、鏡に写った自分を正面からから 見ても気がつきませんでした。でも、上から見下ろされると目立ったようで、兄に、「お前、白髪多いな」と言われてしまいました。かなりショックでした。
その後、美容院に行くたび、カラーリングをしてごまかしました。しかし、白髪の目立ち始める間隔が、だんだん短くなり、2ヶ月もたなくなりました。さす がに、美容院代がかかりすぎです。そこで、市販のカラリングを使ってみることにしました。資生堂のニュートリエントヘアカラーという商品でした。もっと昔 に母が使っていた白髪染めは、つんと異臭がして、しかも使うたびに髪が痩せていくようなものでした。その記憶があったので不安でしたが、匂いも気になら ず、よく染まって、とてもいいヘアカラーでした。その上、使うと、髪がコーティングされるようで、つややかになります。

白髪染めランキングNavi
今では、美容院で染めてもらうのは、3回に1回くらいで済んでいます。入学式やお法事など、イベントの前に、美容院の予約が取れなくても、慌てずに自分 で染めることができるようになりました。もちろん、美容師さんにはかないませんが、自分で染めることができるようになって、白髪の悩みは格段に軽いものに なりました。

Sticked

20代でまだら白髪

私は大人になってから喘息がではじめて、20代半ばくらいの時はひどい時は週に2回、発作で緊急手当ての点滴と吸引をしながら仕事をしていました。
喘息のせいなのか薬の影響なのかわかりませんがその頃から髪の毛が一部白くなる現象がでてきました。
人前に出るのにさすがに恥ずかしいので染める事にしたのですが、美容室に行く時間がなかったので自分で染める事にしたのですが、ドラッグストアで「白髪染 め」を買うのに抵抗があり、つい若者向けの「おしゃれ染め」を選んでいました。ですが、「おしゃれ染め」はやはり白髪に特化していないので染め方にムラが でてしまい時間が経つと逆に手入れしてないような色になり中途半端な髪になってしまいました。結局、美容室で直して頂きましたが・・・。そこでアドバイス されたのがやはり、白髪染めの方が長く色が持つのと、白髪に特化してつくられているのでムラになりにくいし、色のトーンが落ち着いているのが多いので落ち 着いてみえるとの事でした。
確かに髪の毛の痛みも少ないように感じ、色落ちもそんなに気にならないので以来、泡タイプの白髪染めで自分で気になりだしたら染めるようにしています。
マメに美容室にいけるようなゆとりがあればいいのですが、自分で染めるものでも全然キレイに染まりますし、今は本当にやりやすいタイプのものがたくさんでているので時々、母の白髪染めもしてあげています。