白髪は自分で染めて節約

私は、二人目の子どもを出産した後、急に白髪が増えました。30代になったばかりのころです。つむじの辺りに多かったので、鏡に写った自分を正面からから 見ても気がつきませんでした。でも、上から見下ろされると目立ったようで、兄に、「お前、白髪多いな」と言われてしまいました。かなりショックでした。
その後、美容院に行くたび、カラーリングをしてごまかしました。しかし、白髪の目立ち始める間隔が、だんだん短くなり、2ヶ月もたなくなりました。さす がに、美容院代がかかりすぎです。そこで、市販のカラリングを使ってみることにしました。資生堂のニュートリエントヘアカラーという商品でした。もっと昔 に母が使っていた白髪染めは、つんと異臭がして、しかも使うたびに髪が痩せていくようなものでした。その記憶があったので不安でしたが、匂いも気になら ず、よく染まって、とてもいいヘアカラーでした。その上、使うと、髪がコーティングされるようで、つややかになります。

白髪染めランキングNavi
今では、美容院で染めてもらうのは、3回に1回くらいで済んでいます。入学式やお法事など、イベントの前に、美容院の予約が取れなくても、慌てずに自分 で染めることができるようになりました。もちろん、美容師さんにはかないませんが、自分で染めることができるようになって、白髪の悩みは格段に軽いものに なりました。

Sticked

恥じる必要も抵抗を持つ必要もなかった。

30代後半です。全体的に白髪が増え始めるし、耳周りも白髪が目立ち始めるころです。

私たちの世代は今の若い世代の様に積極的に髪を染めるわけでもないの で、染めると言う行為そのものにまだ抵抗を持つ人が多いでしょう。そして白髪染めというとべったりと黒く染めるものだと思っているから抵抗感はなおさらで す。そこで、飲み会でお酒の勢いを利用して50代の上司に相談してみました。すると「私も染めてるぞ。

怖がる必要なんかないぞ」とあっさり。その上司は渋 めの銀の混じった、いかにもダンディという感じの髪で、若い人からも「かっこいい」と言われている人です。じっくり(笑)と見せてもらいましたが染めてる とは思えない違和感のない髪でした。

最近の白髪染めは髪染めと変わらないくらい綺麗に染まるものだそうです。さらに若い連中からも「恥じなくていいじゃな いですか。むしろ自分をカッコ良くするつもりで堂々と染めましょうよ!」と応援までもらいました。どうやら抵抗を持っていたのは自分だけだったようです。 もし悩んでいる人がいたら思いきって打ち明けてみるのが良いですよ。そうすれば遠慮なく白髪染めを使う事ができます!